大変ご無沙汰しております。

Beリセットカウンセラーaya*  鈴木あやこです。

 

まずはお詫びから。(滝汗)

 

ここ最近ですね、

このHPがクラッシュしたことで更新や変更などが出来ず、

さらに、無駄に更新通知を流してしまっていたようでして。

 

購読者やFacebookページのフォロワーの皆々さまには

大変なご迷惑をおかけいたしました。

 

本当に申し訳ありません。

 

現在はこのHPもリニューアルしまして、

内容の濃ゆい記事をお届けしようと思っております!

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたしますデス!

 

 

 

 

愛を感じられなかった人

 

 

 

クライアントさんの殆どは、

「親に愛されなかった」

という記憶や感覚を持っています。

 

私もそう感じたことは多々あって、

大人になってからも、

愛されない現実を目の前に投影していました。

 

そして、

「愛を受け取ってもらえなかった」こと。

 

これは私にとって、

与えてもらえなかったことより辛く、苦しいことでした。

 

実を言うと、

わたくしいまだに、

受け取ることよりも与えることの方が怖かったりします。

 

愛された実感のない人は「私は愛されない人」

愛を受け取ってもらえなかった人は「私は拒否される人」

といったような[Be・在り方]が根付いている可能性があります。

 

そう、

この[Be・在り方]が、

今の自分の現実を創り上げているのです。

 

 

 

あなたが信じている[Be・在り方]はホント?

 

 

今、あなたにしっかりと根付いている在り方、

それは「思い込み」から作られたものです。

 

「愛されていない」と感じた体験をした。

「拒否された」と感じた体験をした。

 

その体験から、

「私は愛されない存在なんだ」

「私は拒否される人なんだ」

という在り方が生まれるワケでが...

 

事実としてはですね、

「そう感じた体験をした」だけであって、

「私は愛されない・否定される人」っていうのは、

事実ではないんです。

 

たま〜にですが、

被害妄想の塊のような方もいらっしゃいまして、

(自立系武闘派女子に対して依存系武闘派女子と呼んでおります)

『いや!私は親に愛されたことなんて一度もない!』

『実際、みんなにそういう扱いをされてますから!』

と頑なに「私は愛されない人」を主張されることも。(笑)

 

よっぽど愛されたら困るのね。(笑)

 

このようなタイプでなくても、

人は「いつも」とか「みんな」とかを使いがち。

 

それは、

記憶が誇張されてるんです。

 

数回の辛い体験をしたことで

それが全てだと思い込んでしまうんです。

 

ショックが大きかったのよね。

 

いずれにしても、

あなたが握りしめているネガティブな在り方は、

思い込みである可能性がとても高い。

 

なので、

「やっぱり私は◯◯なんだ」と落ち込むことがあったら、

その後すかさず

「それホント???」

と疑ってくださいまし。

 

思い込みというのは、

疑うことで崩れ始めますから。

 

こうやってネガティブな在り方を疑い続けると、

いかに人は思い込みで生きているのか

よく分かりますよ。(笑)

 

 

 

愛のカタチが違うだけ

 

 

あなたに知ってほしい大事なことが、

もう一つございますよ。

 

それが

愛のカタチ

です。

 

愛のカタチは、いわゆる愛情表現の方法ですね。

 

あなたの望む愛のカタチと、

相手が与えたい愛のカタチ、

これは同じとは限りません。

 

「愛のカタチ」が違うだけ。

そこに「愛」はあるんです。

 

親に愛されなかった、ように感じた。

幼い頃のあなたは、確かにそう感じたかもしれません。

 

でもね、

あなたが思った(望んだ)通りの反応がなかっただけであって、

お母さんはお母さんなりの、

お父さんはお父さんなりの、

それぞれの愛のカタチであなたと接していたんです。

 

逆に、

あなたが与えたい愛のカタチもありますよね?

でも、

それを受け取ってもらえなかった(と感じた)。

 

これも同じで、

あなたが与えたい愛のカタチと、

相手が望む愛のカタチも同じとは限らないんです。

 

だから、

愛を受け取ってもらえなかったのではなく、

たまたま、

相手が望む愛のカタチではなかっただけ。

だからね、多分ね、

相手もあなたの愛に気づかなかったのよ。

 

あ、あとは「受け取り下手」って理由もあるかもね。

結構いらっしゃるのですよ、受け取れない人。

わたしもつい最近まで受け取れませんでしたから。

 

「愛のカタチ」が違う。

 

これを知っているかどうかで、

パートナーや親子関係は大きく変わってきます。

 

今、親しい人との関係に悩んでいる方は、

お互いの愛のカタチを見つけてみましょう!

 

 

 

補足(というか宣伝)

数秘セッションでは、

得意な愛情表現、望んでいる愛情表現を見ることができます。

 

・相手からの愛情を感じられない...

・私からの愛を分かってもらえない...

 

などなどとお悩みの方は、

ぜひ数秘セッションをどうぞ。d( ̄  ̄)

 

 

 

ちゃんと伝える・ちゃんと聞く

 

 

さて、これまでの話はご理解いただけたでしょうか?

ご理解いただけたと勝手に解釈し話を進めますよぉ〜。

 

愛のカタチが違う。

 

これを知っただけではまだまだ初心者。(笑)

関係を良くするためには、

もう一歩必要なんです。

 

それは...

 

自分の望む愛のカタチを、ちゃんと伝えること。

相手の望む愛のカタチを、ちゃんと聞くこと。

 

お互いがお互いの愛に気づけないから、

関係が拗れちゃうんです。

 

カタチは違ったとしても、

そこに「愛」はある。

 

だったらその「愛」とやらを

見つけてみようではないか!(笑)

 

ちょいとおふざけ発言でしたが、

この視点が大事なんです。

 

「愛がある」という前提で関係を見直すのか、

「愛がない」という前提で関係を見直すのか。

 

結果は御察しの通りでございます。

 

あなたは、

どんな言葉をかけられたら嬉しいですか?

どんな行動に愛を感じますか?

 

相手の方は、

どんな言葉をかけられると嬉しいのでしょう?

どんな行動に愛を感じるのでしょう?

 

ちゃんと伝えましょうね。

ちゃんと聞きましょうね。

 

ってことで、

今回の記事は終了しても良いのですが、

大事な注意点がございまして。

 

それは、

「要求しない」ってこと。

 

熱血な武闘派女子、特に依存系武闘派女子は

つい「〜して欲しい!」とクレクレになりがちです。

 

ズバッと言いますね。

覚悟はいいですか?(笑)

 

相手には相手の都合ってもんがあるんです。

相手にも相手の考えや想いってもんがあるんです。

 

あなたが伝えた言葉を、

どう受け止め、どう行動に移すか。

 

それは相手の自由であり権利です。

 

これ、逆も然りでして。

 

相手の言葉を、

あなたがどう受け止め、どう行動に移すか。

 

それはあなたの自由であり権利です。

 

相手の期待や要望に

「あながた望まなければ」応じる必要はないのです。

 

「あなたにも相手にも選択の自由がある」

ということをお忘れなきよう。

 

 

 

愛があったからこそ

 

 

ここまで読んでもまだ

「やっぱり私は愛されていない」

と確信を持っておっしゃる方もいるかもしれません。

 

「私は愛されていた」なんて、

到底思えないという方も。

 

そういう時は、

まだ変化を望んでいないのかもしれません。

心の準備が整ってないのね、きっと。

 

でもそんな人でもね、

愛されているんですよ。

愛された経験はあるんです。

 

愛された経験があったからこそ、

今、生きていられるんです。

 

あなたは今、生きている。

これが、

あなたが愛を経験した証拠です。

 

あなたの愛のカタチ。

人の愛のカタチ。

 

いろんな愛のカタチを

探してみましょう。

 

ビックリするくらい、

世の中にはいろんな愛のカタチがあって、

意外なほどに、

あなたは愛されているんですよ♡

 

 

 

 

 今日の質問

 

『あなたが望む”愛のカタチ”は、どんなカタチですか?』

 

 

 

ぜひお答えをお聞かせくださいませマセ♪

ご感想などもお待ちしておりますデス♪

 

Beリセットカウンセラーaya*公式LINE@ 友だち追加

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©︎Beリセットカウンセラーaya* All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。